×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

gooゲーム

星座占い

ぷよぴたっ!

Loading...

鷺沢萠 ウィキペディア

鷺沢萠 動画

春の居場所
春の居場所
「大統領のクリスマスつりー」を観たとき「原作と全然違うなー。でも映画化ってこんなものなんだよなー」って思いつつ、あまりのデリケートさには未消化なまま蓋を閉じることにしたのだった。
本作品も同じだったらどうしようと迷った。わたしは鷺沢ワールドに浸りたいだけで、映画監督のワールドには付き合っていられないからである。
わがやでは「三丁目の夕日」以来「六ちゃん」という愛称で呼んいる堀北真希がどれだけ芽衣子を演じられるのか、その一点でのみDVDデッキに作品を挿入した。
主人公と同年齢だという六ちゃんは悪くはなかった。けれどまた他の女優さんの可能性も連想してみた。原作を読んでからだといつもこうなってしまう。誰がやっても読者には不満を持たれる中で、六ちゃんは健闘したのではないかと思う。むしろ見直した。
原作を読んでないとわかりにくセリフやナレーションがあったがそれは原作を読んでいる者には問題はない。
一点の曇りもない青空が広がる多摩川沿いの風景が目にしみた。原作を尊重した映画だと思った。




海の鳥・空の魚 (角川文庫)
海の鳥・空の魚 (角川文庫)
もう載ってたりしますけどね。
高校生がみんなこの本を読んで、共感してくれたなら。
優しい人間になろうと思ってくれたなら。
世界はきっと素晴らしくなる。
そんな事を夢見て生きています。
鷺沢さんもそんな夢を見て生きていたんでしょうか?
短編集で読みやすいから、読者経験の少ない低年齢層に読んでいただきたい本です。
プレゼントとかにも適していると思います。




私の話 (河出文庫)
私の話 (河出文庫)
35歳の若さで自ら命を絶った鷺沢萠の自伝的エッセイ。彼女の人生の一部に直接触れることのできる貴重な一冊です。激しく力強く、そして一方でとても弱くて繊細な、彼女の心の芯の一端を感じることができます。

鷺沢萠の小説やエッセイを読んで感銘を受けたことのある人には、いつか手にとって読んでもらいたい本です。
#あ、でも彼女の自殺について心の整理が出来ていない人は、まだ読まない方がよいかもしれませんね。

久しぶりに彼女の作品をまとめて読み返してみたくなりました。




ありがとう。 (角川文庫)
ありがとう。 (角川文庫)
殊更粗雑に見せようとする文章
笑いの中に潜み滲む涙・・・
自分のルーツ 亡き父への思い 背伸びしない女性の想う言葉

プラス{負け犬}考 酒井順子さん他2名との 楽しいやりとり

現在(いま)は この世にいない作家の エッセイ集

彼女の早すぎる死を惜しみつつ・・・





ゆうべ 鷺沢萠 が夢枕にたたれてこうおっしゃったッ・・・!


人気急上昇中のセクシーアイドル 鷺沢萠は「ファンはそれ(セクシーさ)を求めていると思う。期待を裏切らないのがポリシー」と言い切る。
今回も94センチの巨乳が躍動するシーンは満載。特にスカーフを胸に巻いているシーンは、かなり際どいところまで見せているそうで「ドキドキしながら撮りました」と告白した。

ふむう~。それならばぜひこの言葉を贈りたいと思います。。

『 貧乏には、楽しいことが沢山あるに違いない。でなければ、こんなに沢山の人が貧乏であるわけがない 』( ドン・ヘロルド )

ってやつだ???

鷺沢萠「ウェルカム・ホーム!」
(新潮文庫). ウェルカム・ホーム! (新潮文庫), 鷺沢 萠 新潮社 2006-08 売り上げランキング : 204876 おすすめ平均 とにかくおもしろくて読みやすいんだ とても素敵なお話。 得意なことを得意な人がすればいい「お家」 Amazonで詳しく見る by G-Tools ...

鷺沢萠を読む
そのまま何も借りないつもりだったのだけど、ふと目についた鷺沢萠『F 落第生』(角川文庫、1996)と佐藤春夫『小説 智恵子抄』(角川文庫、1962)を借りた。ふと目について、ふと読んでみたら、思ったより面白そうだ、と新鮮な気持ちで思うことは ...

『ウェルカム・ホーム!』〜鷺沢萠〜
家族って、血のつながりじゃなくって、心のつながりなんじゃあないかって問いかける一冊。 鷺沢萠 『ウェルカム・ホーム!』 ウェルカム・ホーム! 本...

『私の話』〜鷺沢萠〜
いつもなら解説を立ち読みしてから文庫を買うのですが、この本は解説を読まずに購入しました。理由は、一緒に購入した鷺沢さんの『ビューティフル・ネーム』...

鷺沢萠さんの本
鷺沢萠さんの本に出会ったのは、私が韓国にいたときのことだ。 鷺沢さんが亡くなったということだけはニュースを見て知っていた。 ネットサーフィンをしていたところ、偶然『ケナリも花、サクラも花』という本が 韓国に留学した鷺沢さんの体験が書かれて ...

時代が変わることと自分が変わること/アンジェラ・アキ『手紙』と ...
上京の特急の中で鷺沢萠『F 落第生』(角川文庫、1998)を読了。一気に読んだ。借りるときは何の気なしに借りたのだが、中身は意外にも私の感性にぴたっと来ていた。しかし何というか、少し古い、1990年代の作品だから当然といえば当然なのだけど、 ...

【葉桜の日】 鷺沢萠
2004年に、突然この世から居なくなってしまった作家、鷺沢萠。 彼女の書く小説には、何処となく居心地悪そうで、自分と世界との距離の取り方に悩んでる、 そんな不器用で心優しい人が多く登場して来て好きだった。 彼女の作品を初めて知ったのは学生の頃 ...

海の鳥・空の魚/鷺沢萠
鷺沢萠はすごくさらりと、でもきらきらと書いている。 うん、好きだ、この感じ。 すごく大きなドラマが起こるわけじゃなくて、 人間の嫌な部分ももちろんあって、 奇跡ではなく、そこらで起こってそうな話。 昔老人の傘を盗んでしまった人が、 ...

鷺沢萠の文庫本・他
三木卓「野いばらの衣」(講談社); 鷺沢萠「愛してる」(角川文庫); 同「海の鳥・空の魚」(同); 同「バイバイ」(同); 同「F」(同); 同「そんなつもりじゃなかったんです」(同). 三木卓は、詩より小説に移って、かなり成功した作家である。 ...

「帰れぬ人びと/鷺沢萠著」感想
台風で帰れなくなったので、久々にタイトルにひかれて再読。 自殺した彼女の処女小説なんだけど、19、20歳でこの物悲しさは何!? さぎさわめぐむの小説世界は、孤独で淋しくて静かで、妖艶で、暗いトーンなのに、なぜか居心地がいい。 ...

鷺沢萠








ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 | フック