×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファミスタ

ゴルファーズ検定

Loading...

中薗英助 ウィキペディア

中薗英助 動画

何日君再来(ホーリイチュンツァイライ)物語 (河出文庫)
何日君再来(ホーリイチュンツァイライ)物語 (河出文庫)
 本書を一言でいえば、かつて黄金の声と称えられた中国の往年の大歌手、周[王旋](チョウ・シュアン)や同時代の上海芸能界に関わる多くの人物の評伝だ。ただその構成がなかなか凝っていて面白い。「何日君再来」という戦時中の日本・中国双方でヒットした流行歌をキーワードに、当時中国に滞在していた著者が、横浜の中華街でテレサテンが唄う「何日君再来」を偶然聴いたことをきっかけに、現代中国でのこの歌の再流行やこれに対する当局の圧力なども交えながら、詳細のわからない「何日君再来」流行当時の背景をさぐり、そしてこの歌の作者を探していく。

 著者は8年もの歳月をかけて、様々な文献を調べ、李香蘭(山口淑子)を始めとする多くの関係者とのインタビューや手紙のやり取りを通してこのミステリーを解いていき、最後に作曲者本人にたどり着くまで謎解きの楽しさも味わえる娯楽読み物だ。ただ当の作曲者が文化大革命当時「何日君再来」が原因で迫害を受け、著者が出した手紙も検閲されているのには暗然とさせられた。それにしても「何日君再来」のようなすぐれた流行歌は、これを創った人間の企図や流行に圧力をかけようとする当局の意思とかかわりなく、大衆自身が好んで歌うことによって人々の間に膾炙し、後世にまで伝わっていくんだなあということを強く感じた。またテレサテンが、歌詞の最後を「再来来」と唄っていたとは気づかなかった。




KT
KT
映画はなんといってもまず脚本、いい物語がなければどんないい監督でも傑作は生まれません。その点、硬軟織り交ぜてアメリカ映画の物語発掘力には感心させられます。一方、わが日本はこの点、一歩も、二歩も劣っている。リアルで面白い物語が日本にも無いわけがない。そのいい例がこの「KT」です。いまから30年前、この事件は東京で起きました。鮮明に覚えています。金車雲の名前もよく覚えています。10数年後、韓国の大統領になった金大中氏の拉致事件、明らかにKCIAの仕業とわかっているのに日本は主権侵害を大きな問題にしなかった。李プロデューサー率いるシネカノンが3年前に映画化していたことを知らなかった。早速、購入。自衛隊が関与していたのかどうか定かではないが、朴政権の関与は明らかだった。当時の報道では、日本海の藻屑となる寸前、アメリカの意向で暗殺が中止されたと記憶している。映画はこうした事実に基づき、リアルにこの大事件を映画化している。意欲作だと思う。願わくば、もっと緊迫感やテンポにメリハリがあればなおリアリティが出た秀作になったのでは。しかし、日韓の俳優、スタッフが協力してこうした映画作りが行なわれた事は画期的ではなかろうか。私のような「全共闘世代」はそう感じてしまう。その後の歴史は皮肉なことに、朴大統領が暗殺され、死刑判決、10数年に及ぶ自宅軟禁を経て、金大中氏が大統領に選出された。





昨晩 中薗英助 が夢でこう告げた・・・!


多方面で異才ぶりを発揮する 中薗英助。「脱清楚」をテーマに、浴衣で大きく肩をはだけたり、初めてブラの肩ヒモを外しに挑戦したりと、これまで以上に大人っぽさを前面に。
詳細はMySpaceプロフィール上に随時更新されるのでこまめにチェックを。

ほえ~。ということはこれを頭に置いて言ってたのかな?

『 まことに人生はままならなもので、生きている人間は多かれ少なかれ喜劇的である。 』( 三島由紀夫 )

どういうことやねん^^;

.中薗英助『夜の培養者』読売新聞社(書き下ろし新事件小説全集3)
作者(中薗英助)の、この、いかにも挑戦てきな野心は、どうだ。 単純なエスピオナージュと思わせておいて、実は練りに練った密室劇を演出してみせる。 人死はあるが、殺人はない。 発狂する登場人物をも狂言回しに使い、金太郎飴でいえば、切断面が ...

著者別五十音順索引 な行〜わ行
... 新・歴史をさわがせた女たち (歴史エッセー 日本史全般) 波のかたみ ー清盛の妻 (歴史・時代小説 源平) 姫の戦国 (歴史・時代小説 戦国) 北条政子 (歴史・時代小説 源平・鎌倉) 源頼朝の世界 (歴史評論 源平・鎌倉) ☆中薗英助 異文・業...

[映画][DVD]KT
上映時間:138分; 製作国:日本/韓国; 初公開年月:2002/05/03; 監督:阪本順治; 原作:中薗英助 『拉致-知られざる金大中事件』(新潮文庫刊); 脚本:荒井晴彦; 撮影:笠松則通; 美術:原田満生; 衣裳:岩崎文男; 編集:深野俊英; 音楽監督:布袋寅泰 ...

ちょっと気になっていた「スパイ小説作家」
中薗英助(1920年 - 2002年)の作品を読む。 「北京飯店旧館にて」、「帰燕」、「私本GHQ占領秘史」、「スパイの世界」(岩波新書)

帰還
帰還 (中薗英助・毎日新聞社・単行) 流亡の果てに、還ってきた男。1960年代後半、日本を捨て、東南アジアへ渡った元『国際日報』外信記者・茎田茂雄。クーデター以後のスハルト政権下インドネシアの不安な政情を背景に、1人の故国喪失者の運命を描く ...

お勧め67360
蘇部健一の関連グッツ 鷹見緋沙子の関連グッツ 多田茂治の関連グッツ 橘外男の関連グッツ 種村直樹の関連グッツ 司凍季の関連グッツ 積木鏡介の関連グッツ 津村巧の関連グッツ 戸川昌子の関連グッツ 中島望の関連グッツ 中薗英助の関連グッツ.

お勧め67366
種村直樹に関する商品1:すべて 司凍季に関する商品1:すべて 積木鏡介に関する商品1:すべて 津村巧に関する商品1:すべて 戸川昌子に関する商品1:すべて 中島望に関する商品1:すべて 中薗英助に関する商品1:すべて 中西智明に関する商品1:すべて ...

『馬路天使』 周璇・歌う街角の天使
彼女の人生に関しては作家の故・中薗英助氏の著書『何日君再来物語』(河出書房新社)に詳しい。 周璇の二人の遺児はその後、中国を代表する大俳優となった小陳こと趙丹の手によって密かに引き取られ育てられたという。『馬路天使』は多くの映画人の運命 ...

お勧め67410
中薗英助に関する商品1:すべて 中西智明に関する商品1:すべて 中野順一に関する商品1:すべて ハセベバクシンオーに関する商品1:すべて 秦建日子に関する商品1:すべて 早瀬乱に関する商品1:すべて 原尞に関する商品1:すべて 東山彰良に関する商品1:すべて ...

新着速報(H20/7/26)
2.果断 今野敏 新潮社 長編 単行(日本推理作家協会賞(2008/61回)) 3.ギャングスター・レッスン 垣根涼介 徳間書店 長編 単行4.太平洋の薔薇(上・下) 笹本稜平 中央公論新社 長編 単行 6.帰還 中薗英助 毎日新聞社 長編 単行7. ...

中薗英助








ガッツ石松 | J・ガイルズ・バンド