×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファミスタ

日本史クイズ

おみくじ

Loading...

加門七海 ウィキペディア

加門七海 動画

心霊づきあい (幽BOOKS)
心霊づきあい (幽BOOKS)
あの加門七海さんだから。ということで飛びついたがどうも期待はずれに終わってしまった。対談相手の数が多すぎたのではないだろうか。半分くらいに人を絞ってもっと突っ込んだ内容かつ長い対談にしてくれれば満足したのかもしれないが。相手の霊体験を軽く羅列しただけという感じがいなめない。対談相手の選択がなかなか興味深かった分残念だ。彼女の大ファン並びに初心者にはいいのでは?




〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-1)
〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-1)
この本は怪談好きにはまさにピッタリです。こういうアンソロジーみたいな物って大体面白い作品は半分か、それ以下ぐらいしかなくて、買って損したな〜と思う事が多いのですが、この本はつまらない作品はほとんどありません(リナリア〜はあまり好きじゃないかな)。タイトル通り、ストレートな直球勝負の怪談がこれでもかってぐらいに味わえます。個人的に怖かったのは「茶飲み話」「成人」「顔なし地蔵」です。これを読んで、やっぱり怪談には理屈とかを求めちゃイケないなと思いました。





思いがけずこんな 加門七海 を夢で見た・・・!


ドラマ、映画でも活躍中の 加門七海にとって「せきららは恥ずかしいというイメージがある」そうで、「恥ずかしくなるような」セリフが満載だ。
踊れて、泣けて、そして最後は声高らかに歌いたくなる、まさにジャンルレスな名曲。悩み多き日々に、そっと背中を押してくれる強くて優しい作品がここに完成した。

ふむう~。それならばぜひこの言葉を贈りたいと思います。。

『 恋愛は人を強くすると同時に弱くする。友情は人を強くするばかりである。 』( ボナール )

なんだか納得。

怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集
〔MF文庫 ダ・ヴィンチ〕怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 (MF文庫 ダ・ヴィンチ ゆ 1-1). この商品をレビューしたブログ一覧». 評価: 安曇潤平、岩井志麻子、加門七海、木原浩勝、京極夏彦、小池壮彦、立原透耶、中山市朗、平山夢明、福澤徹三 ...

《祝山》 加門七海 ぎゃあぎゃあ
うわあああああ、と感じることはいくらなんでもそう多くはない。 しかし、先日はとうとう彼岸に連れて行かれるのか、と思わず十字を切ってしまいそうになった。 駅のホームをいつものようにのんびり歩いていたら、突然、ぐぐぐっとものすごい勢いて全身が ...

[コッパー]東雅夫・福澤徹三・加門七海編「てのひら怪談百怪繚乱篇」
てのひら怪談 百怪繚乱篇加門 七海 ポプラ社 2008-06asin:4591103870Amazonで詳しく見る ビーケーワン怪談大賞傑作選、である。創作怪談ゆえに、実話怪談(新耳袋・チョーコワ等)に見られるじわじわにじり寄り来るような恐怖はなく、幻想小編が多めだ。 ...

うわさの人物―神霊と生きる人々/加門 七海
加門 七海さんならではの人選なんでしょうが、そういえば私は加門 七海さんの他の著作も読んだことがあります。東京魔方陣―首都に息づくハイテク風水の正体 (河出文庫)/加門 七海 も読みにくかったような。なんででしょう。学芸員出身だから固くなって ...

加門七海 『うわさの神仏』 読書感想?
怪しい世界では、かなり著名な作家、加門先生の10年程前の本の文庫版。 ほんと、この方は、神仏の世界、陰陽道や、謎多き事に関しては、博学中の博学。 尊敬してます。 まー、性格にはちょっと癖があるので、好き嫌いが、はっきりわかれるタイプの人 ...

加門七海『祝山』(07)
加門七海の体験談語り下ろしは非常に面白い。いろいろな体験をしているからなのは当然、女性的なディテールの掴みがすばらしくそれは見事に臨場感をかきたてるのだ。一方、フィクションとなると物語としての構成が弱くて、特に人間描写においてすぐに破綻 ...

『祝山』 加門 七海
祝山 (光文社文庫 か 36-5)/加門 七海; ¥500; Amazon.co.jp. ホラー作家のもとに久しぶりに旧友から、メールが届く。。。 ある廃墟で肝試しをしてからなんとなく変だというのだ。。。 作業に行き詰っていた作家は、小説のネタにしようと肝試しに行った ...

オーラを見る入門:楽天ブックス
東京都出身。83年「よけいなものが」で星新一ショートショートコンテスト優秀作受賞。98年『異形コレクション』監修で日本SF大賞特別賞受賞加門七海(カモンナナミ)東京都出身。92年『人丸調伏令』でデビュー菊地秀行(キクチヒデユキ)1949~。 ...

『203号室』 加門 七海
203号室 (光文社文庫), 203号室 (光文社文庫) (2004/09/10) 加門 七海 商品詳細を見る. 都会にあこがれて上京してきた大学生清美は念願の一人暮らしを始める。 しかしその部屋では数々の異様な現象が起こる。 異臭、物音、ぬくもりを残した床、虫、しみ。 ...

加門七海他編「てのひら怪談」を読んで
無条件に絶賛したい璉加門七海、福澤徹三、東雅夫とホラー小説家3氏の、 選んだ新鮮な怪談。 2003年から、800文字制約で応募された100編。 オンライン書店ビーケーワンが主催したのだそうだ。 なかに、怪談というよりも、幻想、ファンタジック ...

加門七海








ジキル博士とハイド氏 | 鷺沢萠