×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Y!ニュース

日本史クイズ

Y!天気情報

Loading...

仁木悦子 ウィキペディア

仁木悦子 動画

仁木兄妹長篇全集―雄太郎・悦子の全事件〈2〉冬・春の巻
仁木兄妹長篇全集―雄太郎・悦子の全事件〈2〉冬・春の巻
期待を裏切らない展開でどちらの話もわくわくしながら読み進めた。
最後の自伝的小説「あおい壁」はなかなか考えさせられる内容でゆっくりとじっくりと読んで欲しい。






もしもこんな 仁木悦子 がいたら・・・


童顔にムッチリボディーで人気の 仁木悦子。実はテニス部に憧れていたそうで「上は水着だったけど、下はスコート。衣装だけでもテニス部の気分になれてうれしかった」とか。
オススメは「白いドレスを着ているシーン」。今まであまり着る機会がなく、「嬉しくて自分でも写真を撮ってしまった」というほど本人も思い入れがある。

ふむう~。それならばぜひこの言葉を贈りたいと思います。。

『 「実は私たち、結婚できないのよ」「なぜ?」「だって私はブロンドじゃないし……」「かまわん」「うんとタバコも吸うし……」「いいよ」「サックス奏者と暮らしているし……」「許すよ」「子供も産めないし……」「養子をもらうさ」「わかってないのね。(かつらをとり)俺は男なんだ!」「完全な人間なんていないよ」 』( お熱いのがお好き )

なるほどねえ。昔の人は偉いなあ。

[読書] 猫は知っていた
急造名探偵の二人は次第に真相に迫っていく。鮮やかなトリックと論理的な推理、明快な文体で日本のクリスティ誕生と絶賛され、空前のミステリー・ブームを巻き起こした江戸川乱歩賞屈指の傑作。 作者と同じ名前の“仁木悦子”とその兄“仁木雄太郎”の ...

仁木悦子『子供たちの探偵簿2昼の巻』(出版芸術社)
仁木悦子の『子供たちの探偵簿2昼の巻』を読む。仁木悦子の子供を主人公にした作品ばかりを集めたシリーズの二巻目。まずは収録作から。 「あの人はいずこの空に」 「まよなかのお客さま」 「消えたおじさん」 「うさぎを飼う男」 「悪漢追跡せよ」 ...

仁木悦子『林の中の家』別冊・幻影城−NO.6
探偵小説を読みはじめたころに、こういう探偵小説を読みたかった。そういう感想を持つぐらいわたくしにとって理想とする格好の探偵小説だった。ただし不満がないわけではない。素人探偵の私てきな質問にも、関係者たちは素直に回答するし、自殺すると家出 ...

仁木悦子『猫は知っていた』別冊・幻影城−NO.6
『現代のいろいろな推理作家の本を読んだあとで、仁木悦子の本を読むと、ほっとするね』(略)」(西村京太郎「●仁木悦子私観 仁木悦子の世界」別冊幻影城仁木悦子集) 「(略)・・・何気なく選んだ新刊ミステリが、五、六冊たてつづけに殺伐とした読後感 ...

『猫は知っていた』 仁木悦子
ジャンル:本格推理 悪くはないといった作品。第3回江戸川乱歩賞受賞作品。これが公募としての第1回受賞作品。当時はセンセーショナルな感じでマスコミに取り上げられたそうだ。 内容としては、佳作に毛が生えた程度のレベルだが、間違いなくエポック ...

恩田シェフが選ぶ八つの短編ミステリ。なかでも、仁木悦子と天藤真の ...
このなかでは個人的に、仁木悦子と天藤真の短編が「当たり!」でした。◎仁木悦子の「一匹や二匹」・・・・・・小学校六年生の櫟究介(くぬぎ きゅうすけ)が活躍するミステリ。メイン・ディッシュの殺人事件への入り方、ネコの描かれ方、話のしまい方が ...

仁木兄妹長編全集
仁木悦子さんの本が図書館にあったので借りてきました。 たぶん家にもあるはずです。図書館にあったのはテーマ別に組直して本にしてあります。 借りたのはそのうちの仁木兄妹長編全集です。 登場人物が作者と同じ名前の仁木悦子とその兄雄太郎です。 ...

仁木悦子、村上春樹、高野悦子
仁木悦子作品(5冊) 猫は知っていた、灯らない窓、林の中の家ほか、とにかくこれらの推理小説は好きだった; 村上春樹の「風の歌を聴け」(これは文庫初刷) この本から村上春樹をしばらく読んでいたっけ、でもよく理解できずにいたと思う ...

仁木悦子/仁木兄妹の探偵簿〈1〉〈2〉
1986年に亡くなった仁木悦子さんの作品の中から、著者と同じ名前の妹とその兄・雄太郎が探偵役を務める短篇を集めた作品集。 〈1〉「兄の巻」収録作品「灰色の手紙」「黄色い花」「弾丸は飛び出した」「赤い痕」「暗い日曜日」「初秋の死」「赤い ...

仁木悦子
【青じろい季節】(05.03.17) 【聖い夜の中で】(06.12.29) 【銅の魚】(05.02.28) 【猫は知っていた】(05.03.20) 【夢魔の爪】(05.03.18)

仁木悦子








八切止夫 | シックス・センス